ダイエットにしないとニッポンが心配だ。
ダイエットにしないとニッポンが心配だ。
ホーム > 若はげ > 帽子で隠さないといけないレベル

帽子で隠さないといけないレベル

僕は帽子で隠さないといけないレベルの若はげだと教えてくれたという男性の若はげの話しです。

それは、初めて行った美容院でのことでした。その美容院で担当してくれた男性が帽子をかぶっていました。

美容師さんと言えば真っ先に思いつくイメージがおしゃれなので、小物使いがうまいなぁと思っている程度でした。

ですが、美容院内はとても暑く、汗をかいている人もちらほらいます。

座っているだけですが、ビニールをかぶっている私も暑くなってきました。

それでも帽子をかぶっている担当の男性に、おしゃれは我慢だなと感心していました。

しかし、話が弾んでいくうちに自分が産後の抜け毛についての話題を出すと、こっそりとその意味を教えてくれました。

美容師だけど、僕は若はげで帽子で隠さないといけないレベルなんだと言っていました。

もう彼はネタに出来るほど若はげのことを受け入れているようで、こうしてお客さんにこっそりと話すそうです。

しかし、担当ではないお客さんが自分の若はげを見ると何とも言えない雰囲気が醸し出されるから帽子で自分の髪の毛を隠していると言っていました。

薄毛や若はげを防ぐには、洗髪の時にシャンプーやトリートメントをしっかり落とすことが第一だと、これもこっそり教えてもらえました。

若はげの治療は病院に行けばできるんだって